節約できる!固定電話も使い方次第

ケータイの電話機の本来の役割は電話をすることだけどもその未来はどうなるのかシロウトには少々不安なこと

ケータイの電話機と市場の未来にある種の不安

ケータイの電話機は今では老若男女の大半が所有をしています。かつて10年ほど前は携帯なんかといっていた年配者の人手も今ではなんなく通話くらいはできるようになりましたし、メールもする人はするようになりました。しかもそれは日本だけでなくて世界中に普及をしました。そんな世界中に普及した携帯電話ですが、これの本来の目的は電話をすることであります。かつては固定電話がある場所まで出かけて電話をしないとなりませんでしたが、これが登場したことでたいていの場合は電波の圏内であればいつでも連絡が可能になっておかげで命拾いした人は数えきれません。

その電話をすることが主目的なはずのケータイの電話ですが、しかしながらその通話回線をやっている業界とその端末を販売している業界では競争がはげしく顧客の獲得のために次ぎから次へと新しい革命的な端末が登場するようになりました。そしてその革命は電話機から今ではいわゆるタブレット端末へと進化していき、だんだんとタブレット端末の顧客の数を増やしつつあります。そんな新たな顧客の獲得が目覚ましいタブレット端末ですが、業界では今後の端末のメインをタブレット端末に絞って従来ある電話機はそのタブレットに押されつつあると指摘する人もいます。しかしながら現時点ではある種の不安がつきまとう懸念があります。それは利用者の2極化対策についてです。確かにタブレット端末は便利なアイテムです。屋外でもネットがコンパクトな端末で楽にできるのは大きな革命でありましょう。しかしながら現時点では月額の利用料金は依然としてかなり高価であります。一方で携帯電話を所有している人の中には一応所有はしているものの、メールもまったくしないし、めったに電話すらしないというひともたくさんいます。そうなると今後の展開としてはタブレット端末をメインとした販売戦略だけでは一抹の不安を感じてしまうのです。それにプラスして一方ではより簡単でより安価なほぼ電話だけの機能を備えたシンプルな販売戦略ももっと推進していかないと若いおカネとそれが趣味と化した人だけの利用者市場と化してしまって失うものも大きくしてしまうかもしれないからであります。