節約できる!固定電話も使い方次第

固定電話は、ケータイがこれだけ普及し常識となる現代で必要性がなく、何かの契約をする際でもケータイ番号で問題なし

固定電話は、ケータイの普及で役目が無くなった。

固定電話は、数十年前までは固定電話が無いと契約をする事が出来ない物もあり、ケータイの社会的信頼性はほとんど無かったのですが、現代においては固定電話を聞くよりもケータイの番号を聞くことが多く、またケータイを持っていることが常識でもあることのように、所有していないとものすごく不思議な人に見られてしまいます。そして、ケータイは、一人一台の時代ではあるのですが、更には、2台3台と所有している人もおり、会社によっては、会社用やプライベート用などで持ち歩くことが苦労している人も多く居ます。

固定電話が主流の時代は、外出中などではポケベルを持たせて用事があることくらいしか連絡が出来ず、一度外出してしまうと連絡を取りたくとも連絡待ちをするしか方法が無かったので、サボったりすることが容易であったのですが、今ではケータイを持つことで、自分の居場所はばれるし、いつでも24時間連絡が付いてしまいます。ケータイは、仕事や待ち合わせなどで直ぐに連絡をつけたい時などは非常に便利だけど、社会人にとっては不都合のことが沢山あるはずです。ケータイは、時代の流れで所有することが常識となってしまった現代で、社会人として、ケータイを持たないことは非常識であるような事まで言われてしまう時代になったしまいました。ただ、便利なのはいいのですが、現代の人はケータイの無い状態で待ち合わせをする事が出来なくなってしまったことは非常に悲しいような気もします。

注目度がUPしている電話について、きちんと整理されているこのサイトがお勧め